介護用品の流行最前線

人気の介護用品をご紹介

色々な介護用品を扱っていた薬局

without comments

昔、調剤薬局で働いていたことがあります。大きなお店ではありませんでしたが、お店の一番奥に介護用品のコーナーがあり、大人用おむつや吸い飲み、介護者が着脱しやすい寝間着、シャワーチェアなどを販売していました。外出できる人のために、履き易くて歩き易いマジックテープ式の靴や、杖、シルバーカーなどもあります。近くに大きな規模の病院があったので、そこの入院患者の家族と思われる人も、度々買いに来ていました。私はこれまで身近に介護の必要な人がいなかったので、それらの介護用品は見たことがないものばかりで、珍しいものばかりでした。商品が新しく入ってくると、手に取って説明を読み、こういう用途で使うのかと納得していました。ポータブルトイレなどもあり、介護する人もされる人も大変だなぁと、それを使う人の苦労が少し想像できました。カタログが置いてあるので、店内にない品は取り寄せができ、たくさんの利用者がいました。

介護のための必要な介護用品

介護のために必要な介護用品と言えば、受けている介護の人のためのおむつです。様々な体の箇所に障害を持っている人は、自力でトイレに行く事もなかなか難しいので、尿などを体の外部に漏らさないために、尿を取るためのパッドの形式のおむつが良いです。最近ではトイレに関して、トイレに直行をしなくて済む携帯用のトイレを介護用品として使うことも出来ます。また、身体が満足に動かない人のために、介護を受ける人のための合った車椅子などもあります。自力では動けるが、体を支えないと動く事が難しい人のためのステッキや杖などもあります。また、睡眠のためのベッドもあって、ボタンの操作でベッドの頭の部分などの高さを好みで、介護を受ける人が調整できる技術が施してあります。気分が悪くなる場合があるので、呼び出しアラームなどの介護用品もあります。

介護の生活に役に立つ介護用品

介護の生活において、生活必需品としての介護用品の他に生活に便利な介護用品があります。例えば、介護を受ける人の腰の状態を安定させたり、腰痛の場合などの腰の部分を固定するベルトがあります。腰の部分を固定する事によって、座ったり、立ち上がったりする動作をスムーズに行いやすくなることが特徴です。また、ゆっくりと歩行する場合にも出来るだけ腰への負担を少なくするように、介護を受ける人の立場に立って製造されているベルトの役割があります。介護を受ける人も、動ける人は運動をするという心構えを持っている人も多いです。介護を受ける人のために運動のための様々な器具も用意されています。例えば、家の中でのトレーナーとしての役割のある製品があります。介護を受ける人に無理のない運動の器具であるので、無理のない体の運動で汗を流せます。

午前9時から午後5時まで、電話とFAXで対応させていただきます。新品または未使用品のみのアウトレットセールを行っています。福祉機器関連の保守点検、メンテナンスを行い施設利用者さまと介助をされる方の実情にあった提案を行っています。介護保険の福祉用具選定理由に困ったら、手引きをご用意してます。7つの質問に答えていただき、その結果から商品を選定しその理由を表示します。介護用品ならこちら

Written by admin

1月 24th, 2014 at 4:55 pm

Posted in

Leave a Reply